企業情報

沿革

井和工業のあゆみ

1959年 東京中央区日本橋に宮本商店を作り、合成樹脂成形品の販売開始。
1960年 宮本商店の業務一切を引き継ぎ、井和商事株式会社を設立。
鐘研化学株式会社と合成スポンジ製品の加工契約を結び、埼玉県大宮市に工場を設立。
1962年 鐘研化学株式会社が鐘紡株式会社に吸収合併されたため、鐘紡株式会社と加工契約を結ぶと共に同社事業部の販売代理店となり、スポンジ品の販売開始。
1965年 埼玉県川口市に工場を設立し、社名を井和工業株式会社と変更する。
1971年 大阪出張所を新設、関西方面の営業拡大を図る。
1973年 川口工場を川口市内の新郷工業団地に移設する。
1977年 資本金を1,000万円に増資し、各部門の一層の充実を図る。
1990年 茨城県古河市(旧猿島郡三和町)に三和工場を新設。
スポンジ加工品の増強を図る。
2001年 埼玉県白岡町に製造工程をすべてクリーンルームとした白岡工場を新設。
それに伴い川口工場を移設、閉鎖。
2005年 7月1日 ISO9001を全部門にて取得。
品質保証体制を確立。
2009年 7月 エコ21取得
2010年 2月 創立50周年。
2012年 6月 関西工場を新設し、クリーンルーム内で食品容器を中心とした生産を開始する。
(ISO未取得)
10月 熊本工場を新設し、主に電子部品業界向けプラスチック部品の製造及び検査業務を開始する。また、九州方面の営業拡大を図る。
(ISO未取得)
このページの先頭へ